困る棒人間

新任パパの育児日記 育児について考えたこと

大阪府の「赤信号」が出たことに伴う愚痴など。

投稿日:

えぇと、愚痴です。

章立てするまでもない話なので、思いつくままダーッと書いていきます。

 

大阪府に「赤信号」が出ましたね。

「医療非常事態宣言」だそうです。

 

「不要不急の外出は控えてほしい」ということで。

これで本当に外出が減れば、飲食店や接客業のお店はかなり痛いですね。

大阪市の北区と中央区は時短要請が出てるので、幾ばくかの協力金は給付されますけど。

 

それ以外の地域には何もないんでしょうなぁ。

あくまで「大阪府民の外出自粛」ですから。

それによって減った分は知らん、と。

本当に大変だと思います。

なんとかならんもんですかね。

 

それはさておき。

「不要不急の外出を控えて」なんて言われてもですね、うちはずっと前から控えてるんですよね。

うちは、というか、小さな子どもがいる家庭はほとんどそうだと思いますが。

今年に入ってから旅行はおろか、およそ「遠出」と呼ばれることはほとんどしていません。

出かけたとしても、せいぜい電車で数駅の動物園とか、親に孫を会わせるために外食したり実家に帰ったりしたくらいですよ。

 

本当はね、子どものためにもいろんなところへもっと出かけていきたいんです。

いろんなものを見せてあげたいし、聞かせてあげたいし、感じさせてあげたい。

動物園や、水族館や、山や海や川にも連れて行ってあげたい。

 

いくらテレビやネットで映像が見られるとはいっても、限界があるじゃないですか。

例えば、ジンベイザメの大きさなんて直接見ないとわかりませんよね。

今の子どもにとっては、たったそれだけの体験でも現地に行く価値は十分にあるんです。

 

でも、残念ながら今はそれが叶わない。

 

波の音も、

潮の香りも、

紅く色付く山肌の光景も、

鬱蒼と繁る木々から漏れる陽の光も、

我が子は未だに知らないんです。

 

こんなに悲しいことはないですよね。

 

最近、言葉が本当によく出るようになってきたんですよ。

今まで聞いたことがないであろう言葉も、聞いたらすぐに真似できたりもする。

もちろんいきなりうまく発音できる訳じゃないですけど、どんどん吸収しているのが目に見えて分かるんです。

 

それだけに、今の状況が本当に口惜しい。

海くらいタクシーにでも乗って見に行けば……なんて思ったりもしますが、その度に「不要不急」の 4 文字が頭をちらつくんですよ。

別にお上に言われたからということではなくてね。

その行動によって不要なリスクを負うのではないか、それと比較して得られるメリットはそこまで大きいのか。

なーんてことを考えてしまって、二の足を踏んでるんです。踏みまくってます。

 

はぁ。

どうしたらいいんでしょうね。本当に。

今は状況が落ち着くのを待つしかないんでしょうけど。

とにかく基本的な対策を忠実に守って、少しでも感染を広めない努力を各々でやるしかない。

 

それは分かってるんですけどね……。

悔しいなぁ。

申し訳ないなぁ。

 

出かけられるようになったら、好きなところへ連れて行ってあげよう。

電車やバスなどの乗り物に興味があるみたいだから、ローカル線の旅とかでも楽しいかなぁ。

温泉宿に泊まって、近くの山林なんかを散策して、夜には満点の星空を。

子ども用の浴衣を着せたら、喜んでくれるかも知れない。

興奮して寝なかったらどうしようかな(笑)

 

想像ばかりが膨らむ。

早く現実でもそうしたい。

もうちょっと待っててね。

今は家と保育園で我慢しといて。

 

以上、愚痴でした。

  • この記事を書いた人

きーやん

38歳で初めて子どもを授かりました。「本業は父親」をモットーに、当事者として育児に奮闘中。その中で感じたことや考えたことを、体験ベースで記事に書いています。子どもの教育資金などを蓄えるため、副業や投資についても試行錯誤の日々。

-新任パパの育児日記, 育児について考えたこと
-, , ,

Copyright© 新任パパによる育児記録ダイアリー , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.