出産前の記録

出産予定日 + 5 日目【結果が伴わない努力を継続することの難しさ】

投稿日:2019年2月16日 更新日:

昨日の夜中もなかなか寝れなかったそうで、僕が朝起きたらフライパンにきんぴらが出来上がっていた。
なかなかの量。

出産後に奥さんは1ヶ月ほど実家に帰るので、その間のおかずをいろいろ作って冷凍してくれている。
このきんぴらもその一つ。

昨日は餃子も作った。
冷凍庫にはフリーザーバッグに入ったおかずが溢れんばかりに詰め込まれている。
ありがたい。

作ったものリストが更新される度にLINEで送ってもらっているのだけど、ものすごく長い。
終盤に差し掛かる頃には、最初のメニューを忘れてしまうくらいだ。
とりあえずKeepに置いてるので、選ぶときに見よう。
たぶん何回も見ることになるんだろうな。

身体の痛みは昨日と変わらず。
痛む箇所がかなり下の方に来ているらしい。
赤ちゃんも下に降りてきているので、そのせいで足の付け根も圧迫されているそうで。

ただ、陣痛とまではいかない。
痛みそのものよりも、陣痛が来ないことの方が辛そうに見える。
もちろん焦りもあるんだろうなぁ。

陣痛を促すために、スクワットをしたり、何時間も散歩したり、階段の昇り降りをしたり、いろいろしてきたけど、ちょっと気持ちが萎えてきたらしい。
まぁ、そりゃそうだろうなぁ。
どれだけ頑張っても結果が出ないと、なかなか気持ちは続かない。

スポーツなんかだと小さな結果をいくつか出しているうちに、自信が付いたりモチベーションを維持する方法が身に付いたりすることもあるけど……。

「陣痛=出産」が結果という奥さんの場合、どれだけ頑張ってもその効果を実感することは難しい。
この土日で陣痛が来なかったら、週明けに入院しないといけないことも影響あるんだろうな。
「どれだけ頑張ってもどうせ……」と思ってしまっても無理はない。

まだまだ日数があるなら、また別なんだろうけど。

できることはやってきたよ。
本当によく頑張った。
今も頑張ってる。
それは間近で見てきた僕が知ってます。

あとは来るべきときが来るのを待ちましょう。

[追記]
日付が変わって0時半過ぎ。
急に下腹部に重みを感じて痛みも出てきたとのこと。
これまでの痛み(たぶん前駆陣痛)とは違うらしい。

アプリで時間を計測してみたら、痛みの継続は1~2分、間隔は4~5分程度。
痛みの強さは我慢できないほどではないそうだけど、さすがにこれが30分も1時間も続くようだと病院に連絡した方が良いのかも知れない。
とりあえず様子見。

←『出産予定日 + 4 日目【陣痛かどうかは、痛みの強さよりも間隔で判断】』へもどる

『出産予定日 + 6 日目【強制入院前日のカニ鍋】』へ続く→

-出産前の記録
-, , , , , , , ,

Copyright© 新任パパによる育児記録ダイアリー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.