新任パパの育児日記

奥さんと赤ちゃんが「帰宅」。新たな生活はバタバタの中でスタート。

投稿日:2019年3月28日 更新日:

生後1ヶ月+6日の今日、奥さんの実家から自宅へ赤ちゃんが初めてやって来た。
もちろん奥さんと一緒に。
我が子よ、ようこそ我が家へ(笑)。

昼過ぎから1ヶ月検診があったので、それに合わせて午前中に実家を出発。
奥さんが事前にタクシーを予約してくれていた。
昨日から僕も奥さんの実家に泊まっていたので、荷物を運ぶのは僕の担当。
一旦自宅へ寄って大きな荷物を置いてから、病院へ向かうことになった。

奥さんの実家を出発

前日から準備がバタバタで、ご両親にはろくに挨拶もできなかった。
申し訳ない。
タクシーが出発するとき、何とかお礼だけは言えたけど。
(今日すべての予定が終わってから奥さんがお義母さんに電話してたけど、「バタバタしてて良かった。ちゃんと挨拶なんてされてたら(泣きそうで)危なかった」と言っていたらしい)

あの喧騒の中で1ヶ月過ごしたんだもんなー。
いきなり静かになったら寂しくなるだろうと思う。
ありがとうございました。

金銭的にもかなりの負担をしてもらったので、いくらかはお礼をしようとしたけど頑として受け取らなかった。
現金は無理そうなので商品券にするか、それとも何か食べ物などを取り寄せようか。
タクシーの車内では旅行券という案も出た。
あまり時間も掛けられないけど、ちょっと考えよう。

奥さんもお礼の手紙を書くつもりだったのが、あまりに余裕が無さすぎて書けなかったらしい。
それも添えて、お宮参りまでには送っておきたい。

タクシーの車内では赤ちゃんは静かだった。
ときどき泣きそうになるけど、それもすぐに収まって。
やっぱりいつもと違う環境になると、おとなしくなるんだろうか。

赤ちゃんの保険証が届いてた(レターパックで)

いったん自宅で大きな荷物を置いてから、病院へ。
そのときに郵便受けを見ると、奥さんの職場から赤ちゃんの保険証が届いていた。
なんとレターパックで。
意外すぎる。

普通の郵便でもなく、書留でもなく、レターパック。
まぁ追跡番号が付いてるから、確認はできるけどね……。
せめて書留にして欲しかったなぁ……。

赤ちゃんと奥さんの診察。順調そのもの、異常なし

病院に着いて、まずは奥さんの採血と採尿。
それが終わったら赤ちゃんの身体測定。
そして助産師さんとの面談(?)の後に、奥さんの診察。
で、最後にようやく赤ちゃんの診察。

ここまでがワンセット。

いやー、長い(^^;
さすがにこれは疲れる。
たまたま僕が休みのときだったから良かったものの、奥さん1人だけだったとしたら……。
とても無理だったろうなぁ。
またお義母さんに付き添ってもらわないといけないところだった。

奥さんの診察は、僕は病室には入らず外で待っていた。
というか、僕は診察が始まったことすら気付いていなかった(-.-;)
赤ちゃんをあやしている間に奥さんが診察室に行っていたらしく、次に戻ってきたら「異常なしです」との報告が。
いつの間に……。
でも経過は順調そうで良かった。
まだお腹は若干膨らんでるし、切開した傷もだいぶ残ってるけど。
そんなもんなのか。
やっぱり半年くらいは見とかないといけないんだろうな。

赤ちゃんの成長も順調そのもの。
身長も8cmくらい伸びてたし、体重も4000g超え。
1ヶ月ちょっとで1200g増なので、1日あたり約40gくらい。
だいたい目安となる数字通り。
途中で増えすぎていてミルクの量を調整したけど、それがうまくいったということか。

ただ、外出とお風呂の許可について聞くのを忘れてた。
先生からは何も無かったということは、大丈夫なんだろうか。
うーん……、分からん。
明日は奥さんが母乳外来に行くから、そのときに一応聞いといてもらおう。

1ヶ月ぶりの帰宅……の感慨にふける間もなく

病院での診察が終わったのが15時前。
前回の授乳が奥さんの実家を出発する直前だから、5時間ほどが経過していた。
さすがに赤ちゃんもお腹が空くよね……。
帰り道は何をやっても泣き止むことはなかった。

自宅に着いたら、荷解きもほどほどに授乳の準備。
消毒済みの哺乳瓶があったので、奥さんはおっぱいをあげている間に僕がミルクを作った。
よっぽどお腹が空いていたのか、ものすごい勢いでおっぱいもミルクも飲んでいた。
最近はおっぱいだけで疲れる様子で、ミルクのときには勢いが弱まっていることが多かったのだけど。
このときは一気飲み(笑)。
あっという間に飲み干してしまった。

この後に僕と奥さんも軽い昼食。
病院のコンビニで買ってきたサンドイッチを食べる。

それから赤ちゃんと奥さんの寝床の準備。
ベビーベッドがまだないので、2人掛けの座椅子ソファの背もたれを倒した上に布団を設置。
ちょっと不安定だけど仕方ない。

奥さん用の布団はだいぶ前にニトリで買っていたもの。
数ヶ月の時を経てようやく日の目を見る。
思ったよりも大きかった。
壁にもたれられるようにしつつ、赤ちゃんの布団はなるべく奥になるように、パズルのように位置を調整しながら設置。
20分ほど格闘して何とか寝床が完成した。

荷物の整理はまた追々やっていこう。

乳幼児医療証はまさかの即日交付

赤ちゃんの保険証が届いたので、これで乳幼児医療証の申請もようやくできる。
寝床が完成してからすぐに役所へ。

書類は以前に児童手当を申請したときにもらっていたので、窓口の前で記入して提出。
他に誰も利用者は居なかったので、すぐに手続きに入ることができた。
書き方が分からないところが何箇所かあったので、教えてもらいながら(ほとんど誘導されて)欄を埋めていく。

数分で書き上がると、すぐさま処理に入る。
いったん窓口を離れて待っていたけど、それも数分程度で終わって再び窓口へ。
その時点でなんと乳幼児医療証が交付されていた。
早い\(^o^)/
申請から交付まで2週間くらいかかるという情報もあったのに、まさかの即日。というか数分。
ありがたい。

赤ちゃんの入院費用を今日支払うはずだったのが、保険証と乳幼児医療証が間に合わなかったので期限を延ばしてもらっていた。
その延長期限が2週間後だったので「ギリギリかな……」と思ってたけど。
いやぁ、良かった良かった。
明日奥さんが母乳外来に行ったとき、一緒に支払いをしてきてもらおう。

夕食は出前館で

再び帰宅すると、自分たちの夕食を調達しないといけない。
これから何かを作るという余裕は僕も奥さんもなかったので、出前を取ることになった。
本当はUber Eatsを使ってみたかったのだけど、あまりピンとくるものが無かったので、改めてネットで検索。
結局、出前館で普通に弁当の出前を頼むことになった。

予定は20分後だったけど、実際に到着したのは15分経ってない頃。
こんな早いのか。
支払いは事前にAmazon Payで済ましていたので、玄関では受け取るだけ。
これが意外と楽だった。
会員登録する必要もないし。

赤ちゃんの沐浴

それが終わると、赤ちゃんのお風呂。
たぶん湯船に入っても大丈夫だとは思うけど、一応ベビーバスを膨らませて使うことに。
湯船に入れるやり方もよく分からないし。
とりあえずやり慣れた方法で。

湯船の蓋の上にベビーバスを乗せて、僕にとっては久しぶりの沐浴。
手足をバタバタさせてよく動かすし、力も強くなってきたからかなりやりにくい。
足が底に当たってしまったときには、立ち上がらんばかりの勢いで蹴り上げていた。
ちょっと怖い。
気を抜くと持っていかれそうだ。
しっかり支えておかないと。

ようやく寝る準備

赤ちゃんの沐浴が終わると、僕たちもお風呂へ。
洗い物や明日のご飯の準備も何とか済ませて、歯磨きをして寝る準備。

これで長い一日がようやく終わる……わけはもちろんない。
赤ちゃんはこちらの都合などお構いなしで泣き続ける。

1時までくらいは僕も抱っこして、奥さんに寝てもらいたかったのだけと。
僕が明日は仕事ということで、奥さんは許してくれなかった。
それくらいはするよ……。
無理しないでね……。本当に。

せめて休みの前日くらいは寝かせてあげたいなぁ。
これからいろいろ試していこう。

-新任パパの育児日記
-, , , , ,

Copyright© 新任パパによる育児記録ダイアリー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.