お食い初めで使う歯固め石

新任パパの育児日記 育児について考えたこと

お食い初めを自宅で実際にやってみて「分かった」&「思った」こと。

投稿日:

約一週間前、自宅でお食い初めをした。

生後ちょうど 4 ヶ月目、およそ 120 日を迎えたところ

 

両家の両親も久しぶりに勢揃い。

合計 6 人の大人が狭いリビングに入ると、さすがにすし詰め状態だった(^^;

 

やる前はいろいろ調べたり準備したり大変だったけど、終わってみれば「こんなものか」というのが正直なところ。

まぁうちがグタグタすぎるだけで、他の家はもっとちゃんとやるのかも知れないけど……(^_^;)

 

お食い初めを実際にやってみて分かったのは、考えていた通りにはいかないということ。

そして、それを通して思ったのは、あんまり「正しい」にこだわり過ぎなくてもいいのかな、ということ。

 

という訳で今回は、

一般的にこうした方が良いと言われていること

と、

実際にやってみたらこうなった

ということを並べて書いてみようと思う。

 

端から端まできっちりやるのも良いけど、

ちょっとくらいグダグダでも良いんじゃない?

というご提案です。

お食い初めの献立(メニュー)

お食い初めのお膳(料理と歯固め石)

今回のお食い初めの献立は以下の通り。

これ自体は、一般的に言われているものと大差はない

  • 赤飯
  • 鯛の尾頭付き
  • お吸い物
  • 煮物
  • 香の物(紅白なます)
  • 歯固め石

奥さんとお義母さんが中心となって作ってくれた。

赤飯は実家で作ったものを持ってきてくれたらしい。

 

お義父さんは、鯛の尾頭付きの焼き担当。

これも実家で焼いてきてくれた。

事前に魚屋さんに「グリルに入る大きさで」とお願いしていたそうなのだけど、実際はかなりの大きさ……。

「注文したのと違う!」と、お義父さんはかなりご立腹だった(^_^;)

お膳にはさすがに乗らないので、別で用意したお盆に乗せることに。

お食い初めで食べる尾頭付きの鯛を紅白の紙に乗せたところ

(下に敷いている紙については後ほど)

 

お吸い物は、本当ははまぐりを使った方が良いらしい。

けど、そこは柔軟な発想で(笑)、野菜と豆腐のシンプルな内容に。

 

煮物

  • 鶏肉
  • れんこん
  • 人参
  • しいたけ
  • ごぼう
  • こんにゃく
  • 絹さや

というなかなか豪華なラインアップ。

彩りとして紅白のかまぼこも添えることにした。

 

そして「歯固め石」。

もちろん食べ物ではない(^_^;)

うちは大阪天満宮でいただいてきた(初穂料 500 円)。

借りたり拾ったりした場合は元の場所へ返したりもするけど、大阪天満宮の場合は「へその緒と一緒に保管」しておくようになっている。

地域によっても異なるはずなので、念のためご確認を。

 

と、ここまで読んで「おや?」と思ったあなた、勘が鋭い。

そう、「紅白なます」が出てきていないのだ。

大根と人参で作ってはいたのだけど、お膳に乗せるのを忘れていて……。

(先程の写真にも写っていない)

このせいで酢の物が嫌いになったりしなかったらいいなぁ……(´・ω・`)

お食い初めに使う食器

大阪天満宮からもらったお食い初めで使う食器セット

大阪天満宮でお宮参りをすると、お土産(?)でお食い初め用の食器をいただける。

新しく自分たちで用意してもいいけど、せっかくいただいたので今回はこれを使用することに。

 

ただ、一つ気になったのはその

いただいたものは、外側が黒で内側が朱色になっている。

ところが、一般的に男の子は両面とも朱色の食器を使うらしい。
「外側が黒で内側が朱色」は女の子用なのだそうだ)

 

なので、念のため天満宮に電話で確認してみたところ、

「当宮は昔からずっとその色です」

「男女の違いはありません

とのこと。

 

「ネットで調べてみると、男の子は両面朱色らしいんですけど……」

と聞いてみると、

「それはどこぞの情報ですか?」

と言われた。

けっこうイラッとしてる感じだったな……(-.-;)

 

大阪天満宮がそこまで言うのなら大丈夫なんだろう。たぶん。

地域によっては、男女が逆になるパターンもあるらしいし。

という訳で、外側が黒・内側が朱色の食器を使うことにした。

 

当日になって気付いたのは、歯固め石用のお皿がないこと。

これは盲点だった。

お椀の蓋でもあれば良かったけど、そんなものもなく。

仕方ないので、極力和柄の小皿に乗せることにした。

 

お食い初めで使う歯固め石を小皿に乗せたところ

 

でもやっぱり違和感……。

できれば塗り物で統一したかったなぁ……。

 

お食い初め用の食器セットを、自分たちで買う人も多いと思う。

歯固め石用も含まれてるかどうか、確認しておいた方がいいかも!

お食い初めで鯛の下に敷く「紅白紙」

せっかくの尾頭付きの鯛を、そのままお皿に乗せるのはもったいない。

紙掻敷」と呼ばれる紙を敷くことで、見栄えが良くなるしお祝い感も出る。

特に「紅白紙」という、赤く縁取られた紙を使うと縁起が良いらしい。

 

↓こういうのです。

お食い初めで尾頭付きの鯛を乗せる紅白紙の例
(画像引用:鯛の下に敷いてある紙はなんというものでしょうか? - この画像の... - Yahoo!知恵袋より)

 

百均で紅白紙を買ってきたという情報があったので、さっそくいくつかのお店を回ってみた。

が、いくら探しても見付からない。

(近所のダイソー、CAN DO、ローソンストア 100 にはなかった)

 

文房具店もいくつか探してみたけど、こちらにもない。

けど、その中で有力な情報が。

 

そこの店員さんが言うには、

「紅白紙はうちにはないわー。

割り箸とか食器とか、そういうのを扱ってる店じゃないと」

とのこと。

 

なんと!

紅白紙って「紙」なのに食器扱いなのか。

確かに何かを書いたりするものではないけど……。

それはまったく想像してなかった。

 

という訳で、近所にある食器を扱う店へ

残念ながら、そこでもお茶席用の懐紙しかなかった。

 

一応そこの店員さんにも聞いたところ、

「この辺には結納屋さんもないしねー……」

という返答が。

 

結納屋さん……?(´・ω・`)

そんな特殊なお店にしかないの……?

(っていうか「結納屋さん」って何……?)

 

これ以上探しても見付かるかどうか微妙だったので、仕方なくお茶席用の懐紙を買って代用することに。

当日開けてみたら、思ってたより小さい!

お茶席用だからか……。

 

4 枚ほど重ねることで、何とか鯛を乗せることに成功

懐紙の下には、お正月のときに買って余っていた和紙製の赤いランチョンマット

これで紅白っぽい感じを演出してみた。

 

お食い初めで食べる尾頭付きの鯛を紅白の紙に乗せたところ

 

どうだろう?

割と良い感じだと思うのだけど。

 

紅白紙や紙掻敷は手に入らなかったけど、工夫次第でなんとかなるもんだ。

結果的に、見栄えもかなり良くなったと思う。

 

実は Amazon で紅白紙は売っていて、注文しようかどうか直前まで悩んでいた。

ただ、100 枚入とかなので、「そんなに使わないしなぁ……」ということで却下に。

 

ご参考までに、こちら↓です。

たぶん楽天とかでもあると思うけど、面倒くさいので探してません(=_=)

お食い初めで赤ちゃんに食べさせる人

お食い初めは、赤ちゃんに食べさせるフリをする。

その役目は、一般的には同性の年長者が担うことになっているようだ。

これは、「長寿にあやかる」という意味合いがあるらしい。

 

ウチの場合はお義父さんがそれに当たるので、事前にお願いしておいた。

ところが直前になって「こういうのは父親がやった方がいい」と言い出したから大変。

いやいやいや……。

事前に説明して承諾してたはずなのに!

 

遠慮してるのか恥ずかしがってるのか……。

しかし言い出したら聞かないので、なぜか 6 人の中で最も年齢の低い僕が担当することになった。

長寿にあやかれるかなぁ……(´・ω・`)

お食い初めで食べる順番

汽車の形の数字を乗せた木製のおもちゃ

一般的には

ご飯 → 汁物 → ご飯 → 魚 → ご飯 → 汁物

を 1 セットとして、これを 3 回繰り返す

 

ご飯以外のところは、他のおかずになっても大丈夫らしい。

とにかくご飯とおかずを交互に繰り返すのが重要なようだ。

 

うちもそれにのっとって、順番に食べさせていった。

もちろん食べさせる「フリ」だけ。

一口分を箸で赤ちゃんの口元まで持っていって、口には付けずに戻す

 

まずは赤飯、次はお吸い物赤飯、ほぐした赤飯煮物……。

これで 1 セットが終了。

 

「これをあと 2 回繰り返して……」

というところで、双方の親が異口同音に

あと 2 回もするの?

もういいんじゃない?

と言い出した。

 

うん……、まぁ……。

確かに面倒くさいとは思ってたけどね( ¯ω¯ )

 

という訳で、うちのお食い初めは 1 セットで終わることに。

両家揃ってものぐさ家族……。

そんな感じだから、僕も気楽なんだけども……。

 

最後に歯固め石に箸をつけ、それを赤ちゃんの歯茎に当てる

  • 一生食べるものに困らないように
  • 石のように固くて丈夫な歯が生えてきますように

という願いを込めて。

 

これでお食い初めが無事に(?)終了。

 

あとは大人たちが自分たちの食事を済ませ、赤ちゃんを順番に抱っこするなどして 2 時間ほどを過ごした。

一通り食事も終わり、赤ちゃんも寝てしまったところでお開きに。

お疲れ様でした〜。

お食い初めの後片付けは夫が積極的に

食器の後片付けのイメージ

両家の両親も揃って食事するとなると、食器の数がものすごいことになる。

しかも、普段使わない食器やグラスもたくさん出すことになるし、繊細な扱いが必要な食器も多い。

特に、塗りの食器はすぐに洗って乾かす必要がある。

お食い初め本番が終わったからといって、ゆっくり休んでいるヒマはないのだ。

 

奥さんは朝から料理や準備をして、周りにも気を遣ってかなり疲れている。

赤ちゃんの世話もしないといけないし、お腹が空いていたら授乳もしないといけない。

 

なので、後片付けくらいは夫が積極的にやりましょう!

こういうときに自分から動ける夫になれば、後々がラクですよ。きっと。たぶん。

(もちろん料理やその他の準備も、奥さんと同じくらい担当する夫さんも居るだろうけど)

 

一回休んでしまったら後がしんどいので、両親が帰ったら「すぐ」片付けに取り掛かりましょう。

勢いでやってしまえば何とかなるから!

実際にお食い初めをやってみて思うこと

黒板にチョークで書いたフキダシのイメージ

食事のときに、両親たちがこんなことを言っていた。

「自分たちのときは、こんなことしなかった」

「今の若い人たちの方が、きっちりやろうとする」

へぇぇ。

そうなのか。

 

その理由はいろいろあるだろうけど、一つ考えられる理由はインターネットの普及

僕らよりも若い世代はネットがあるのが当たり前で、いろんなチャンネルからいろんな情報が入ってくる

育児のことを検索したら、それに関連した情報も一緒に目に飛び込んでくるのだ。

 

子どもの健康/将来のために

なんて書いてあると、「やった方が良いのかなぁ」「やらなきゃなぁ」なんて気になってくる。

 

情報が簡単に手に入るもんだから、「正しい」やり方なんてのもすぐに見付かる。

その由来や意味合いなんかも同時に学習するので、どれもが重要そうに見えて手を抜けない

結果、あれもこれもと「完璧に」やろうとしてしまう。

 

でも、今回のお食い初めをやってみて思ったのは、「そこまで肩肘張らなくてもいいんじゃない?」ということ。

理想を言えばやりたいことや足りないことはいろいろあったけど、できる範囲のことはやった

それで充分なんじゃないかなぁ。

っていうか完璧になんて無理だし。

 

様々な行事がある度に「やることリスト」みたいなのを作って、自分で自分を追い込んでしまう

そして、そのリストにしか目や意識が向かなくなって、結果的にそれをこなすことが目的になってしまう……。

それじゃ本末転倒

子どものことを思う気持ちがあれば、完璧なんかじゃなくても良いんじゃなかろうか。

 

それに、親が子どもに会ったり、親同士が交流したりするのにすごく良い機会になった。

こういう場を用意できただけでも、充分に意義はあったと思う。

それくらい軽い気持ちで臨んだ方が、場の空気は和むし良好な関係を作ることにも繋がるだろう。

赤ちゃんにとっても、みんなの笑顔に囲まれてる方が良いに決まってる。

 

「正解」ではないかも知れないけど、子どものことを思ってあれやこれやと工夫して準備する

その気持ちやプロセスが一番大事なんじゃなかろうか。

ぼちぼちやりましょうよ。

 

 

-新任パパの育児日記, 育児について考えたこと
-, , , , , , ,

Copyright© 新任パパによる育児記録ダイアリー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.