新任パパの育児日記

今日は夜中の赤ちゃんの世話を引き受ける。奥さんは心療内科を受診。

投稿日:2019年4月17日 更新日:

明日は僕の仕事が休みなので、夜中の赤ちゃんの世話を引き受けた。
授乳が23時過ぎになってしまった関係で、奥さんが床についたのは日付が変わってから。
これを書いている現在は、1時を回ったところ。

幸いなことに、赤ちゃんは寝てないものの泣きもせずにいてくれている。
ときどき鼻をフガフガと鳴らしながら、短い間隔で息を吸ったり吐いたり。
たまに「あー」とか「エゥー」といった声を出している。

今は急にしゃっくりをし始めた。
何がきっかけなのか分からないけど。

夜中の授乳はしなくていい?

前回の授乳が終わったのが23時半過ぎだから、次の授乳は早くても2時半以降ということになる。
(粉ミルクを消化するには時間がかかるので、3時間は空けないといけない)

寝ていたらそのまま起こさなくていいと、先日来ていただいた保健師さんに言われたので、できれば寝ていてもらいたい。
逆に、3時間経たないうちに泣き出したりするのが、最も危惧するパターンだ。

抱っこするだけで泣き止んでくれたらいいけど、「お腹空いたー!」という泣きなら、母乳の出ない僕にはどうしようもない。
最悪、おしゃぶりでもくわえさせるか……。

果たしてそれまで赤ちゃんは静かにしていてくれるだろうか。
なかなか寝そうにないんだけど……。

心療内科を受診、漢方の煎じ薬が処方される

今日の午前中に、奥さんは心療内科を受診してきた。
お義母さんが仕事を抜け出して来てくれたらしい。
赤ちゃんを見てもらっている間に、近所のクリニックへ。

最近精神的につらいことが多かったから、どこかのタイミングで受診しようとは言っていた。
で、昨日の夜にまたつらさがピークを迎えたので、急遽受診することになった。

もう少し余裕があれば、明日僕が赤ちゃんを見ている間に行ってもらっても良かったのだけど。
そこまでの余裕はなかったらしい。

僕も奥さんも心療内科は過去に経験済みということもあり、特に抵抗なく受診できた。
たぶん抵抗がある人たちも多いんじゃないかなぁ。
まったく気にする必要ないんだけどね。

そのクリニックは東洋医学をベースにしているらしく、気功のような感じでお腹の辺りに手をかざすという治療だったらしい。
奥さん曰く、手をかざされた部分が暖かくなってきたそそうだ。

処方された薬は漢方薬。
何が入っているか分からない袋を煮出して、お茶のようにして飲む。
ちょっと飲ませてもらったけど、なかなか不味い(笑)
まぁ匂いほどキツくはないけど。

奥さんはこの煎じ薬を飲んで、しばらくすると「暑い」と言い出した。
身体を温める効果がかなりあるらしい。
そのおかげか、身体の調子も良くなったように見える。

東洋医学って身体の冷えが病の元になるという考えみたいだから、身体を温めることで不調の原因を取り去ろうとするんかな。
どこまで効果があるか分からないけど、とりあえず出だしは上々。
このまま良くなってくれたらいいなぁ。

【追記】
30分ほど抱っこし続けた結果、寝た。(1:45頃)

-新任パパの育児日記
-, , , ,

Copyright© 新任パパによる育児記録ダイアリー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.