分かれ道に立つ男性

新任パパの育児日記

人生で大切なことはキュリオさんが教えてくれる。

投稿日:2020年12月7日 更新日:

E テレの大人気子ども向け番組『おかあさんといっしょ』の中に『ガラピコぷ〜』というコーナーがあります。

「チョロミー」「ムームー」「ガラピコ」という 3 人(?)がメインキャラクターの人形劇ですね。

『ガラピコぷ~』のムームー・チョロミー・ガラピコ
(画像引用:NHKエンタープライズ キャラクターページ | ガラピコぷ〜

 

その中でときどき登場する「キュリオさん」というサブキャラクターがいます。

このキュリオさん、バリバリの関西弁を操り「キュリオマート」というお店を経営する商売人。

必然的にお話の内容も商売やビジネス寄りになるんですが、それが「本当に子ども向けか?」と思うほどのクオリティなんですよね。

 

こんなに素晴らしい「教材」を子どもの頃から見られるなんて、本当に素晴らしいことだと思います。

大人が見てもきっと参考になることも多いはずですよ。

特に販売や接客の仕事をする上での学びは多いんじゃないでしょうか。

 

そこで、今回はキュリオさんが登場した回のお話の中で、最近特に印象に残ったものを 3 つご紹介します。

完全に記憶に頼った書き起こしなので、細かいところが違ってるかも知れませんがご容赦を(-_-;)

キュリオさんとは

まずはキュリオさんのことを簡単にご紹介。

 

見た目はタコです。

完全にタコ。

キュリオさん
(画像引用:【ガラピコぷ~】子供相手に詐欺じゃない!?キュリオマートの関西弁タコのキュリオさんの声優は誰だ!?【おかあさんといっしょ】 | サニステ!~Sunny Station~

足の数は定かではないんですが、見てる限りだと 8 本あると思います。たぶん。

体の何倍にも伸びる優れもの(?)。

 

バンダナとグラサンがトレードマーク

グラサンを外すときもたまにあるんですが、小さくて可愛い目をしています(笑)

 

バリバリの関西弁ですが、特に不自然な感じではないですね。

声優さんが関西(和歌山県)出身ということで納得。

 

現在のようにキュリオマートを開くまでは、割と波瀾万丈な人生だったようで。

トレジャーハンターとしていろんな星を渡り歩いて怪物とも戦ったことがある、という話を披露していたこともあります。

(事実なのかホラ話なのかは不明)

 

チョロミーやムームーの兄貴分的な存在でもあるみたいですね。

困ったときに「キュリオさんなら分かるかも」みたいなこともあります。

 

ガラピコはときどきキュリオマートで手伝いをしています。

人間の心理を学ぶためでしょうか……?

 

キュリオマートとは

キュリオさんは「キュリオマート」という雑貨店を営んでいます。

彼らが住んでいる星にはお金という概念はないようで、取引はすべて物々交換で行っているようですね。

 

交換が成立するかどうかはキュリオさん次第。

キュリオさんが納得すれば交換できるし、納得しなければ交換できない。

そこは交渉次第という感じですかね。

 

商売人らしく安易に妥協することはないんですけど、極端にがめついわけでもなさそう。

チョロミーとムームーは、お菓子やおもちゃと交換してもらうためにときどき来ているようです。

 

どこからどうやって仕入れているのかわかりませんが、商品は常に充実しています。

お金もないのに、どうやって仕入れてるんだろう……。

 

印象に残ったキュリオさんのエピソード 1:客の本当のニーズを読み取ろう

ガラピコがお店の手伝いをしているとき、ムームーがお菓子を買いにやってきます。

 

「チョコレートかな……。ラムネにしようかな……」と悩むムームーを見て、ガラピコは「時間の無駄!」とイライラ

散々悩んだ挙げ句、ムームーは「決められない!」と何も買わずに帰ってしまいました。

 

それを見たガラピコ、「ムームーちゃまのために時間の無駄をなくさなくては」と一案を講じます。

 

次の日ムームーがお店に来ると、お店にあるお菓子はなんとチョコレートだけ

「チョコレートだけ……」

ムームーは寂しそうにポツリとつぶやきますが、ガラピコは「どうです! 見事に時間の無駄をなくしましたよ!」と意気揚々。

がっかりしているムームーの気持ちは理解していません。

 

そこへついにキュリオさん登場!

「まだまだやなぁ。お客さんは悩むのも楽しいんやでぇ?」とキュリオさんに言われ、ガラピコは「そうなの!?」と驚いた様子。

奥からお菓子をどっさりと持ってきて、「さぁ、いっぱい悩んでや〜」とムームーに差し出すキュリオさん。

ムームーも嬉しそうにお菓子を選び始めます。

 

……というお話。

ムームーは確かにお菓子を買いに来たんですけど、買えればそれでいいわけじゃないですよね。

あれこれ悩むのも味や香りをいろいろ想像して楽しいでしょうし、その結果「これにしよう」と決めた方が満足度はきっと高くなるはず。

ガラピコはそこが分からなかったようです。

(あまり選択肢が多すぎても、お客さんは選べなくて離れてしまったりしますけどね……)

 

お客さんが何を求めているのか、どうすれば買い物の満足度を上げられるのか、しっかり考えることが重要ですね。

 

ポイント

目には見えないお客さんの本当のニーズを読み取ろう。

一見無駄とも思えることが、実は重要だったりするかも?

 

印象に残ったキュリオさんのエピソード 2:メリハリを付けよう

チョロミー・ムームー・ガラピコの 3 人がいつも通り遊んでいると、海岸でキュリオさんを見つけます。

パラソルを立てて、麦わら帽子をかぶり、派手なグラサンをかけ、カクテル(のようなジュース)を飲みながら、優雅にラジオを聴いているキュリオさん

その姿を見て「お祭りをしている」と思った 3 人は一緒に遊ぼうとしますが、当のキュリオさんは「今はお休み中なんや」と乗り気ではない様子。

 

結局 3 人は「邪魔しちゃ悪いから行こう」とその場を離れます(←これができる 3 人はえらい!)。

 

するとおもむろにギター(ギタレレ?)を手に取り、自作の歌を歌いだします。

な〜んにもしない。な〜んにもしない。今日はお休みの日〜

歌い終わると「いっぱいお客さん聞きにくるんちゃうか」と言いますが、「あかんあかん、今日は商売のことはなしや」とすぐに切り替え。

 

それから魚釣りをすると大物をゲット。

そこでまたしても「これはすぐ交換成立するんちゃうか」となりますが、「今日は商売のことはなしやったな。これは晩飯にでもしよう」と思い直します。

 

そしてまたギターを手に取り「な〜んにもしない。な〜んにもしない。今日はお休みの日〜」と海に向かって歌うのでした。

 

……というお話。

「今日は休みだ!」と心に決めて海へやってきたであろうキュリオさんですが、どうしても商売のことを考えてしまうようですね。

その度に「あかんあかん、今日はお休みの日や」と思い直して、商売やお店のことは切り離そうとします。

 

キュリオさんは自営業ですからね、いつ働こうが休もうが自由です。

なので、ずっと働きっぱなしでもいいんですが、それじゃさすがに体がもたない。

それに頭も気持ちも定期的にリフレッシュした方が、仕事の方にも良い影響がありそうですよね。

 

放っておいたら仕事ばかりになってしまうことを、ちゃんと自分で理解しているんでしょう。

どうしても商売が気になりつつも、意識的に休むよう自分を仕向けています

しっかりメリハリを付けることが重要ですね。

 

ポイント

働くときはしっかり働く、休むときはしっかり休む。

メリハリを付けて体調を整えよう。

 

印象に残ったキュリオさんのエピソード 3:自分の得意を見極めよう

瓶の蓋が開かずに困っているキュリオさんとガラピコ。

そこへやってきたチョロミーが、なんと簡単に開けてしまいます

 

驚きながらもキュリオさんは、瓶の中にあるキャンディをお礼としてチョロミーにプレゼント。

これで何やら思いついたチョロミーは、キュリオマートの一角を借りて「蓋開け屋さん」を開業します。

 

瓶の蓋を開けるお礼として、中のものを少しもらうというシステム

ムームーはチョコレートが入った瓶を、プッチマーゴさんはキャラメルが入った瓶を持ってきます。

 

いずれも見事に開けたチョロミー。

お礼の数もチョコレートは 2 つ、キャラメルは 4 つと増やしつつ、確実にゲットしていきます。

これにはキュリオさんも「うまいことやりよるなぁ……」と感心しきり。

 

そしてプッチマーゴさんの紹介でやってきた記者のビービル。

キャンディの瓶を持ってきました。

チョロミーは「5 個で開けましょう」とお礼の数をさらに増やすがめつさを発揮

 

ビービルは承諾、チョロミーもそれに応えてこの蓋も見事に開けます。

そしてお礼に 5 個のキャンディを口に含むと……。

「口がスースーする!」と悶絶するチョロミー

ビービルは「あぁ、スーパーミントキャンディだからな」と平然と言ってのけます。

 

最後はキュリオさんの一言。

「ま、欲張りすぎたってこっちゃな」。

 

……というお話。

これについては、実はツイートもしてるんですよ。

#おかあさんといっしょ のキュリオさんのコーナーは毎回学びが多い。
商売やビジネスの基本が詰まってるんよね。

こないだはチョロミーがビンの蓋を開けるのが得意ということに気づいて、蓋開け屋さんを開業してた。
こういう選択肢を知っとくだけでも違うだろうからなぁ。

いやマジで。

 

全っ然反応なかったですけどね(笑)

いやでも本当に大事なことだと思ってます。

 

自分の得意なことは何なのか、それを生かしたらどう人の役に立つのか、それによってどれだけの報酬が得られるのか

そういう視点を小さな頃から身に付けておけば、将来の選択肢も広がっていきますよね

 

自分の得意を突き詰めていけば、既存の職業の枠には収まらない新たな仕事に辿り着くかも知れません。

YouTuber なんて数年前には居なかったわけですし。

 

「仕事」や「職業」という枠ではなく、「得意」は何かをしっかり見極めたいですね。

 

ポイント

自分の得意なことが何なのか、しっかり見極めて差別化を図ろう!

ただし調子に乗りすぎると痛い目に遭うから、謙虚な気持ちを忘れずに!

 

キュリオさんのお話を見るには

最初に書いた通り、キュリオさんは『おかあさんといっしょ』という番組の中の『ガラピコぷ~』という人形劇のコーナーに登場します。

ただし毎回出てくるわけではなく不定期なんですよね。

(何かしらの法則があるんでしょうか……?)

 

放送は毎週月〜土曜日の 8:00 〜 8:24

うちは子どものために毎日録画してますが、僕もキュリオさんが出てこないかいつも楽しみにしています(笑)

キュリオさんだけを集めた DVD とか出してくれないかなぁ……

 

なお、子ども向け番組では割と同じ映像を使い回して活用しているので、ここで紹介したエピソードを見られることがあるかも知れません。

ぜひその目でお確かめください。

  • この記事を書いた人

きーやん

38歳で初めて子どもを授かりました。「本業は父親」をモットーに、当事者として育児に奮闘中。その中で感じたことや考えたことを、体験ベースで記事に書いています。子どもの教育資金などを蓄えるため、副業や投資についても試行錯誤の日々。

-新任パパの育児日記

Copyright© 新任パパによる育児記録ダイアリー , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.