新任パパの育児日記

新生児の母親が睡眠不足になる理由が身に沁みて分かった。

投稿日:2019年3月7日 更新日:

出産直後の母親は、ほぼ間違いなく睡眠不足になる。
そのことは情報として知ってはいたし、奥さんからも話を聞いていたので、知識としては持っていた。
けど、今日自分の身で体感して、それが如何に大変なことであるかを思い知った。

世の父親はみんなこれを一度でも体感しているんだろうか。
まだの人が居るなら、またはこれから父親になろうとしている人は、絶対に自分でも体感しておくべきだと思う。
話を聞くだけなのと自分の身を以て感じるのでは、まったく違うことが分かるはずだ。

1時間連続で寝ることすら難しい

「3時間置きに授乳する」というのは、3時間置きに起きればいいという話ではない。
搾乳をしたり粉ミルクを作ったりしないといけないし、授乳が終わってから赤ちゃんをあやすことも必要。

何より赤ちゃんが次の授乳まで大人しく寝ているわけはなく、何かの拍子に突然泣き出すこともしばしば。
夜中だろうが朝方だろうが、赤ちゃんに時間は関係ない。
こちらの都合などお構いなしに、容赦なく強烈な泣き声を上げてくる。

実際に泣かないまでも、赤ちゃんが声を出したり鼻をフガフガさせたりするだけで、「泣き出すんじゃないか」と思って身構えてしまう。
つまり緊張してしまうので、眠りとは逆方向の状態になってしまうのだ。
そこからまた寝る体勢に入ろうとしても、それはそれで時間がかかる。

そして、せっかく寝れたと思ったら、また叩き起こされる。
その繰り返し。

これはつらい。
僕は赤ちゃんと一緒の夜を初めて過ごしたけど、相当なしんどさだ。
奥さんはこれを毎日している。
本当に大変だ。
寝てられない。

1時間半くらい連続で寝れたら良い方だろう。
平均したら30分に一回は目が覚めてるんじゃなかろうか。

授乳の他にもやることはたくさん

オムツ交換も大切な仕事の一つ。
授乳の度に確認していて、必要ならその時点で交換する。
もちろん赤ちゃんはおしっこやうんちをしたいときにするので、授乳に合わせてやってくれる訳ではない。
普段から注意を払って、オムツの状態を確認しないといけないのだ。

特に僕の子どもはオムツの汚れで泣くことは少ないらしく、「泣くまで大丈夫」というわけにもいかない。
匂いはもちろん、オムツの膨らみ具合とか、赤ちゃんの仕草とか、細かいサインから交換のタイミングを見つける必要がある。
それほど神経質にならなくても良いのかも知れないけど、まだまだその加減が難しい。

もう一つ大切な仕事が沐浴。
最近は昼間に済ませてしまうことが多いらしい。
確かに夜になるとバタバタするから、その方が良いだろうな。

沐浴はただお湯に入れて洗えばいいというものじゃない。
事前にいろいろな準備を済ませた上で、効率よく事を進める必要がある。

まずは防水性のあるシート(レジャーシートやアルミシートなど)を敷いて、その上に沐浴後に着る服を用意。
短肌着と長肌着を重ねて袖を通しておく。
交換用のオムツも忘れずに。

ベビーバスに適温のお湯を溜めて、最後に使う掛け湯用のお湯も先に入れておいた方が便利。
そこまで準備が整って初めて、赤ちゃんの服を脱がしにかかる。

よほど慣れていないと、一人でこれらを全てこなすのは無理だろう。
沐浴自体もかなり大変な作業だし、終わった後も身体を拭いて冷えないうちにオムツを着けて服を着せて、布団まで連れて行ってあげないといけない。

沐浴後にすんなり寝てくれれば問題ないのだけど、ほぼ例外なく泣き出すそうだ。
気持ちいいことが終わったことが悲しいんだろうか。
こうなると他に誰か一人か二人くらい居ないと、片付けどころじゃなくなる。

沐浴はたいてい授乳の合間にするので、ゆっくりする間もなく次の授乳がやってくる。
母乳にせよ粉ミルクにせよ、それなりに準備の時間が要る。
大変な仕事が終わったからといって、ゆっくりなどしてられない。

こういう日常の中で、自分のこともしないといけない。
食事をしたり風呂に入ったりトイレに行ったり。
歯を磨くというようなほんの数分で済むことでも、ゆっくりしてられない。
一分一秒が惜しいのだ。

いつまた赤ちゃんが泣き出すか分からないし、寝てくれているなら、その間に自分の身体を休める必要がある。
少しでも空いた時間を作って、有効に使わないと。

初めての長時間抱っこ

今日の沐浴の後、奥さんは少しだけ寝ることに。
なので、夕食までの3時間くらいは僕がずっと抱っこしていた。
ずっと赤ちゃんは寝ていたから、布団に降ろしても良かったのかも知れない。
でも、降ろそうとすると何となく起きそうな雰囲気だったし、もし泣き出したら奥さんが起きてしまう。
そんなリスクは避けたいので、抱いていることにした。

産まれたばかりの頃よりも、随分重くなったような気がした。
これだけ長時間抱っこしているのは初めてだったけど、ずっしりとした腕の感触が今でも残っている。
頭や手足なども一回り大きくなったような気がするし、身体もよく動くから筋肉が発達してきたのかも知れない。
まだ10日ほどだから、そんな気がするだけなのかも知れないけど。

呼吸がときどき早くなることがある。
新生児にはよくあることらしいから大丈夫とは思うけど、「突然死の可能性も」なんてネットの記事を見ているとやはり心配。
無呼吸の状態が10秒以上続かなければ心配ないらしいので、今のところ問題ないとは思うけど。

あと、ときどき「ピクピクッ」というか「プルプルッ」という感じで震えながら息を吸い込むことがあった。
寒いということだったんだろうか。
タオルケットの上に布団も掛けてたんだけど。
寒ければ泣くだろうし……。

何なんだろう。
次の検診で先生に聞いてみるか。

臍の緒

臍の緒がついに取れました。
生後12日目。

-新任パパの育児日記
-, , , , , , , , ,

Copyright© 新任パパによる育児記録ダイアリー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.