阪神・淡路大震災「追悼のつどい」の竹灯籠

新任パパの育児日記 育児について考えたこと

【父親たるもの】阪神・淡路大震災を機に学んだ親としての心得と覚悟。

投稿日:

1995(平成 7)年 1 月 17 日、午前 5 時 46 分。

この数字を一生忘れることはありません。

 

淡路島北部を震源とする「兵庫県南部地震」が発生し、これによって「阪神・淡路大震災」が引き起こされました。

あれから 25 年。

当時中学生だった僕も、今やアラフォーです。

時の流れは早いですねぇ。

 

僕にとってこの震災は、「父親」という存在を定義付けるきっかけになりました。

それは、地震発生時のある出来事があったから。

当時のことを思い出しつつ書いてみます。

 

地震発生時に父親がとった行動

兵庫県南部地震が発生した当時、僕は中学 2 年生でした。

三学期に入り、当日は確かマラソン大会が予定されていたと記憶しています。

 

その当時、僕は自分の部屋がなく、両親に挟まれるように寝ていました。

いわゆる「川の字」ってやつです。

母親は朝早くから弁当の準備のために起きていて、僕と父親だけがまだ寝室に居ました。

 

午前 5 時 46 分、突然の衝撃で目が覚めました。

今となっては「縦揺れ」と表現できますが、そのときは「地面が落ちた」と思ったんです。

何が原因かは分からないけど、とにかく「落ちた」。

その瞬間はそうとしか考えられませんでした。

 

何が何だか分からないうちに、気が付いたら布団をかぶって体を丸めていました。

と、そのとき僕の体の上に何かが乗ってくる衝撃が。

 

「何かが落ちてきた?」と思ったのも束の間、

「頭出すなよ! じっとしとけ!」

という父親の声が聞こえてきました。

 

そう、僕の上に父親が覆いかぶさってきてたんです。

 

誰もが想像もしていなかったこの状況で、咄嗟の判断で僕をかばうように覆いかぶさってきた……。

これはもう驚きというか、感動というか、何と言ったらいいか分かりませんが、とにかく「すごいこと」だと心から思いました。

 

「父親ってのは、こういうものなのか」

僕の中での父親像が出来上がった瞬間です。

 

「理想の父親」という壁

この地震のときの体験は、僕の人生に大きな影響を与えることになりました。

 

なんせ父親の条件が

「数十年に一度の災害が起こったときでも、身を挺して瞬時に子どもを守れること」

ですからね。

なかなかのハードルです。

 

まぁ自分が勝手に掛けた枷なんですけど、ずーっと考え続けてますね。

「同じような状況になったとき、果たして僕は父親と同じ行動ができるだろうか?」

僕にとってこれは、自分が父親になるための課題であり、大きな壁でした。

この問いに対して自信を持って答えられるまでは、父親になってはいけないような気がしてたんですよね。

 

でも、それがちょっと払拭できる機会がありました。

結婚することになったとき、初めてそのことを父親に伝えたんです。

地震のときに感じたこと、それが僕の中で壁になっていること、今でもそれを不安に思っていること。

 

すると父親は

「そんなこと考えてたんか(笑)」

と笑いながら言った後、

「お前なら大丈夫や」

と言ってくれました。

 

それを聞いて、スーッと楽になったのを覚えています。

もちろん不安が完全に消えたわけじゃないですけどね。

それでも「大丈夫」と言い切ってくれたおかげで、「大丈夫かも?」と思えるようにはなりました。

 

そして約 2 年後、息子が誕生。

幸いなことに、僕が身を挺するような出来事はまだありません。

が、地震当時のイメージは常に頭の片隅にあります。

いざとなればあんな風に、僕も体を投げ出して子どもを守らなければ……。

 

そんなことはない方が良いんですけどね(^_^;)

それでも常に覚悟はしとかないとなぁ、とは思いつつ日々過ごしています。

 

「追悼のつどい」に家族揃って参加

今日は神戸・三宮の東遊園地で行われた「追悼のつどい」に、家族揃って参加してきました。

(朝はさすがに無理なので、夕方の黙祷の時間に合わせて)

 

去年は妊娠中の奥さんと二人でした。

子どもが産まれてからは初めての参加です。

地震を機に「父親」というものを考えるようになって、その追悼の場に父親として立っている……。

25 年という月日の長さを感じますね。

 

子どもは抱っこ紐の中でずっと寝てたんですが、黙祷 1 分前から始まるアナウンスと時報で起きちゃいました。

ぐずりそうな子どもの背中をポンポンと叩いて、ユラユラ揺れながらの黙祷。

なかなか感慨深いものがありましたよ。

 

今年は人の数がいつもより多かったような気がします。

25 年という節目だからでしょうかね?

竹灯籠に近付くことも難しいくらいでした。

 

来年もまたみんなで参加したいですね。

そうやって子どもの成長を感じるのも、素晴らしい体験になるような気がします。

  • この記事を書いた人
きーやん

きーやん

38歳で初めて子どもを授かりました。「本業は父親」をモットーに、当事者として育児に奮闘中。その中で感じたことや考えたことを、体験ベースで記事に書いています。子どもの教育資金などを蓄えるため、副業や投資についても試行錯誤の日々。

-新任パパの育児日記, 育児について考えたこと
-

Copyright© 新任パパによる育児記録ダイアリー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.