テレビの真似をする人(人形)

育児に関するお役立ち情報

【新生児模倣】赤ちゃんの口の動きは親のマネ?【ミラーニューロン】

投稿日:2019年5月3日 更新日:

赤ちゃんの顔の動きを観察していると、特に口がよく動いていることに気付く
最近よく笑うようになったとはいえ、表情はまだまだ限定的だ。
その中で口だけは、大きく開いたり、小さくすぼめたり、舌をペロペロと出したりしている

笑顔も新生児の頃は生理的と聞いたことがあるし、口の動きもそういう生まれ持ったものなのかと思っていた。
が、実はこの口の動きは、身近な人(主に父親や母親)のマネをしたものらしい。
これは「新生児模倣」と呼ばれるもので、脳の神経細胞である「ミラーニューロン」が関係しているとのこと。

ちょっと詳しく調べてみたのでまとめてみる。

「新生児模倣」の読み方は?

ネットで検索していると、意外と「新生児模倣」の読み方を調べている人が多いことに驚いた。
正解は「しんせいじもほう」。
……まんまなんだけどなぁ(^_^;)

漢字が 5 個も繋がると、難しく感じる人が多いんだろうか。
「しんせいじもほう」ですよ〜。

「新生児模倣」とは何か

さて本題。

新生児模倣とは何かと言うと、読んで字の如く「産まれたばかりの赤ちゃん(新生児)が他人の動きを模倣する」こと

新生児模倣とは、アメリカ合衆国の心理学者メルツォフ.A.らが報告した、生まれたばかりの赤ちゃん(新生児)が、舌出し行動など他人の顔の動きを模倣する現象です。
(中略)
新生児模倣は、人に限らずチンパンジーなどの赤ちゃんにも見られることや、舌を出す以外にも以下の現象が見られることが報告されています。
・舌を出す
・口をすぼめる
・口を開ける
・唇を突き出す
新生児模倣とは?赤ちゃんが親の真似をする?真似しないと異常? | psycho-lo

つまり、赤ちゃんが世話をしてくれる人(主に親)の口の動きを見て、それをマネしているということらしい。
そうやって筋肉の使い方や表情の作り方も学んでいくんだろうか。

しかし、なぜ口の動き限定なのだろう?
これについては明確な答えは見付からなかったけど、一つ可能性として考えられるのが、この時期の赤ちゃんの視力。
徐々に見えるようになってくるとはいえ、ほとんど見えていない赤ちゃんも辛うじて口元なら確認できるということだ。

親が赤ちゃんを抱っこした時に、赤ちゃんの目から約30cm先にあるのが親の口元(顔)であることから、身近な大人の口元をジッと観察して真似をするのだと考えられたのです。
新生児模倣とは?新生児も真似する?しないと異常?新生児微笑との違いは? - 知育ノート

あと、僕の想像を一つ。
口はおっぱいを吸うために、ある程度の筋肉が予め発達していて、目で見た動きを再現しやすい部位なんじゃなかろうか
特に舌なんてのは、赤ちゃんにとっては最重要な器官のはず。
これが自分の意図通りに動くかどうかは、文字通り死活問題だろう。
なので、筋肉が未発達の他の部位よりも、比較的発達している口まわりの動きが「新生児模倣」という形で現れる

というのはどうだろうか?
割と説得力があると思うのだけど。

「新生児模倣」が起きる仕組み

「新生児模倣」はどのようにして起こるのだろう?
その仕組みの説明として有力なのが「ミラーニューロン」の働きによるというもの

「ミラーニューロン」とは神経細胞(ニューロン)の一種で、他人の行動を見ると自分がその行動をしたかのように反応するのが特徴。
別に赤ちゃんに限った話ではなく、すべての人に備わっている機能だ。

ミラーニューロンとは、他人の行動を観察したときに、自分がその行動をしたかのように反応をする脳のニューロン(神経細胞)です。
通常、人が自らある行動をすると、対応する脳の特定部位のニューロンが活性化しますが、ミラーニューロンは、まるで鏡を見ているかのように、他人の行動を観察したときに活性化します。
他人の行動を見てミラーニューロンが活性化し、他人と同じ行動をする(模倣する)ことができるというのが、ミラーニューロン仮説による新生児模倣の説明です。
新生児模倣とは?赤ちゃんが親の真似をする?真似しないと異常? | psycho-lo

ある行動を行うと脳の特定の部位にあるニューロンが活発化するが、観察者の目の前にいる人物が同じ行動をしても観察者は自分が行動したときと同じ部位のニューロンが活発化することから、このニューロンはミラーニューロンと呼ばれている。ミラーニューロンは初めはマカクザルで発見されており、人間にあるかどうかは確実ではないが、ほぼ間違いないと言われている。
新生児模倣 | 認知心理学

親の口元の動きを見た赤ちゃんが、ミラーニューロンの働きによって自分がその動きをしているかのように脳が反応し、その動きを自分の口で再現する
これが「新生児模倣」の仕組みらしい。

ミラーニューロン以外にも「AIM」というメカニズムが関係しているという説もあるけど、僕は説明を読んでもミラーニューロンとの違いが分からなかった(-_-)
「他者の動きを見ると、自分がどう動けばいいかが分かる」というものらしいから、基本的な考え方はミラーニューロンと共通している(と思う)。
(学術的な詳細はよく分からない……)

興味のある人はリンク先のページでどうぞ。
»新生児模倣とは?赤ちゃんが親の真似をする?真似しないと異常? | psycho-lo
»新生児模倣 | 認知心理学

「新生児模倣」はいつからいつまで?

新生児模倣が始まるのは、「新生児」という言葉通り「産まれたときから」
ただ、個人差があるとの情報もあって、生後1ヶ月頃から見られることもあるという。

新生児模倣は、名前のとおり新生児の頃に見られる現象です。
ただし、個人差が大きく、生まれてまもない頃に見られることもあれば、生後1ヶ月頃から見られることもあります。
なお、「新生児の頃から見られるということは、胎児期から見られるのではないか。」という指摘もありますが、胎児期に新生児模倣が見られることを明らかにした研究などは見当たりません。
新生児模倣とは?新生児も真似する?しないと異常?新生児微笑との違いは? - 知育ノート

一方で新生児模倣がいつまで続くかについては、諸説あるものの「生後 2 ヶ月で消失する」というのが主流な考えのよう。

これらの新生児模倣は生後2ヶ月程度で消失するという結果も報告されている。
新生児模倣 | 認知心理学

およそ生後2カ月で終わるといわれます。
新生児の表情からよみとく!赤ちゃんの成長と変化から気づくポイント - teniteo[テニテオ]

メルツォフは、新生児模倣は消失するように見えるだけで、条件を整えてやりさえすれば消失しないと主張しています。
一方で、ジョーンズは、新生児模倣が生後数ヶ月で消失するという立場です。
新生児模倣とは?赤ちゃんが親の真似をする?真似しないと異常? | psycho-lo

また、先述の「ミラーニューロン」は生後 2 〜 3 週間が最も活発になるらしいので、その時期にたくさん赤ちゃんに働きかけていると、先々で良い結果が得られるかも知れない。

このミラーニューロンは、生後2~3週間のころが一番活発になります。
ママが笑うと赤ちゃんも笑顔になるの?笑顔を引き出すコツと遊び方 - teniteo[テニテオ]

生後2週間から〜3週間ごろが一番活発になり
赤ちゃんが笑うのはいつから?ママやパパが実は大きなポイントになっています! | いくかつ

「新生児模倣」に関する議論

ここまで「新生児模倣というものが存在する」という前提で書いてきたが、実はこの「新生児模倣」については大きく 2 つの議論がある。
まず、そもそも「新生児模倣」と呼ばれている赤ちゃんの動きは「模倣」なのか? という議論。

新生児模倣に批判的なアニスフィールド,M.は、新生児模倣の研究のメタ分析の結果から、統計や方法の問題や、新生児の反応のばらつきが大きいことを指摘し、新生児模倣のうち信頼に足るのは舌出し行動のみだと主張しました。
また、ジョーンズは、新生児の舌出し行動が模倣ではなく探索行動の一つだと指摘し、新生児に視覚刺激や聴覚刺激(舌出しに関係のない刺激)を与えると、舌出し行動が有意に増加すると報告しています。
新生児模倣とは?赤ちゃんが親の真似をする?真似しないと異常? | psycho-lo

そんなこと言ったら元も子もないやないかヽ(`Д´)ノ
などと怒っても仕方ないので、議論が進むのを静かに待ちましょう。
数年後には「新生児模倣なんて無かった」となっているかも知れないけど……。

もう一つの議論は、さっき書いた「新生児模倣はどういう仕組みで起こるのか?」について。
すでに書いた通り「ミラーニューロン説」と「AIM説」があるのだけど、どちらも「他者の動きを自分の動きのように感じる」というところは共通なので、僕はこれ以上深追いしないことにした( ˘ω˘)

「新生児模倣」と「新生児微笑」と「社会的微笑」

「新生児模倣」と勘違いしやすいものに、「新生児微笑」というものがある
これは、赤ちゃんの意思に関係なく筋肉の緩みなどで現れる無意識の笑顔のこと
生理現象の一つなので、「生理的微笑」とも言われる。

新生児は、眠っているときやおっぱいの後などにふいに微笑むことがあります。そんなときママは「ご機嫌なのね!」と嬉しい気持ちになりますが、新生児期は嬉しい感情をもって笑っているのではなく、筋肉の緩みなどで現れる無意識の表情なのです。
新生児の表情からよみとく!赤ちゃんの成長と変化から気づくポイント - teniteo[テニテオ]

新生児微笑とは、新生児期から生後2ヶ月頃までに見られる、無意識に起こる微笑みのことです。
(中略)
赤ちゃんの意思とは関係なく起こる現象という点では一致していますが、新生児微笑が外の刺激に関係なく起こる一方で、新生児模倣は親の口の動きなど何らかの刺激によって起こる点が異なります。
新生児模倣とは?新生児も真似する?しないと異常?新生児微笑との違いは? - 知育ノート

「新生児微笑」は、生後間もなく〜2か月ごろまで見られるもので、赤ちゃんの意思には関係なくたとえば、ミルクやおっぱいを飲み終わって、ふっと息をついた瞬間だったり、眠りに落ちていく瞬間だったり、寝ているときにふっと出る笑いです。
赤ちゃんが笑うのはいつから?ママやパパが実は大きなポイントになっています! | いくかつ

一方、赤ちゃんが自分の意思で笑うことを「社会的微笑」と言う
抱っこや親の呼びかけなどなどのきっかけがあると、それに応える形で現れる笑顔のこと
生後 2 〜 3 ヶ月頃から見られるようになるらしい。
コミュニケーションが取れるようになってきたということで、「社会的」ということだろうか。
(うちの赤ちゃんもちょうどこの時期で、話しかけたり笑いかけたり身体に触れたりすることで笑顔になる。可愛い(*´ω`*))

赤ちゃんは、生後2~3カ月を過ぎるとママやパパの抱っこや声かけをきっかけに笑顔になるようになります。このような笑顔を「社会的微笑」といいます。
赤ちゃんがママやパパの声かけに反応して笑顔になれば、社会性が芽生えてきた証拠です。
ママが笑うと赤ちゃんも笑顔になるの?笑顔を引き出すコツと遊び方 - teniteo[テニテオ]

「社会的微笑」というのは、生後2か月を過ぎたあたりから見られるもので、赤ちゃんが何らかの刺激に対して笑うことです。
「新生児微笑」のように、赤ちゃんに何もしていないのに笑うのとは違って、たとえば抱っこした瞬間だったり、お父さんやお母さん、普段からよく声を聞いたり見たりする、近しい人が笑ったり声をかけた時だったり、あやして笑うのも「社会的微笑」になります。
赤ちゃんが笑うのはいつから?ママやパパが実は大きなポイントになっています! | いくかつ

「新生児模倣」は、あくまで口元の動きについての話
赤ちゃんが見せる笑顔は「新生児微笑(生理的微笑)」か「社会的微笑」のどちらかということになる。
混同しないように注意。

とはいえ、赤ちゃんが笑ってくれたら、それが模倣だろうが何だろうがどうでも良くなることも否定できない(笑)。
赤ちゃんの笑顔って最強(*´∀`*)

「情動伝染」もミラーニューロンの働き?

今日の赤ちゃんは終始ご機嫌だったのだけど、何かの拍子で奥さんが悲しそうな顔をして暗い声を出したとき、赤ちゃんも泣き出してしまった。
明らかに奥さんの顔や声に反応していたのだけど、これはおそらく「情動伝染」という現象によるものだ。

これも何度か出てきている「ミラーニューロン」の働きによって起こると言われている。
他者の気持ちや感情を、あたかも自分のことのように感じ取ってしまうのだ。

生後数日の新生児も、ほかの赤ちゃんが泣いていると自分も泣き出したり、ママの気持ちを察するように泣くことがあります。
新生児の表情からよみとく!赤ちゃんの成長と変化から気づくポイント - teniteo[テニテオ]

これも赤ちゃんに限った話ではなく、大人でもよくある現象。
ピリピリした緊張感のある空間に居るとこちらまで緊張してきたり、周りに居る人が興奮状態で楽しそうにしてたらだんだんテンションが上がってきたり。
誰でも経験はあるはず。

赤ちゃんも他者の感情を感じ取って、自分の感情に反映してしまう。
理性が発達していない分、ストレートに作用してしまうのかも知れない。

「新生児模倣」の後は「直接模倣」と「延滞模倣」

新生児模倣が生後 2 ヶ月頃で終わった後も、子どもの模倣(マネ)は続く。

1 歳になる頃には「見たものをすぐに模倣」する「直接模倣」が見られる。
1 歳半頃になってくると、「延滞模倣」という「見聞きしたものを後で模倣」する行動が見られるようになる。

と言われているのだけど、うちはまだそこまで成長していないので、今は深掘りしないでおこう。
(まだ首も据わってないし)

いずれまた、思い出したら改めて調べることにする。

-育児に関するお役立ち情報
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 新任パパによる育児記録ダイアリー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.